離婚の原因

一般的に多い離婚の原因

離婚の原因と言っても、実際は人それぞれだと思います。

 

一般的に多い離婚の原因としては、

 

@浮気や不倫などの不貞行為
A経済的な問題(多額の借金や生活費を負担しない、働かない等)
B家庭内暴力(DV)などだと思います。

 

また少し、特殊な離婚の原因としては、相手の趣味や趣向が特異で、その事が
夫婦関係を妨げる大きな理由である場合や、精神疾患がある場合で、
今後回復する見込みが無い場合、また行方不明等の理由で、3年以上消息が
不明な場合や、結婚前の隠蔽(多額の借金を隠していた等)も、離婚の原因となります。

隠しておきたい離婚の原因

離婚の原因の中には、隠しておきたい場合もあります。
そのような、明らかにしたくない、離婚の原因で多いのは、
セックスに関係する出来事です。

 

 

夫婦関係が崩れて、離婚に繋がる性生活の問題と言えば、
一番多いのは、セックスレスの問題です。

セックスレスと離婚

法律上では、1年以上セックスレスが続いた場合は、立派な離婚の原因となります。
勿論、拒絶した方が悪いと言うことになります。
離婚の原因として多いのは、不貞行為(浮気や不倫)ですが、
その原因を突き詰めていくと、根本にセックスレスの問題があったりします。

 

このように、結婚後、一定の時間が経過した夫婦にとって、
性生活の問題は実は大きな問題の一つです。

 

性生活のあり方や考え方で離婚の原因となったり、離婚までは至らなくても
その後の夫婦関係が、全くつまらないものになる場合が多いからです。


性格不一致が離婚の原因

交際期間が短かったり、中高年での結婚で、
どちらかが初婚の場合
は、お互いの性格が、
合わないから離婚したと言うケースが多い
です。
このようなケースは、お互いを良く
理解せずに結婚した為におこります。

 

特に中年の男女(30代中〜40代前半)の場合、
結婚をする事だけが、一番の目的になっている場合があります。
周りにも言われるし、友人もどんどん結婚してしまい、
取り残された感じがすると思って、相手との相性を
十分見つめないで、結婚するケースが案外多いです。

 

このような場合は、結婚後1年〜数年で離婚したりする場合が多く、
多くの場合は、性格が合わないとか、価値観が違いと行った理由になります。

 

いくら、恋愛期間が長くて、相手の事を知り尽くしたと思っていても、
結婚する前と結婚後では、違いが多いと感じるのが一般的です。
結婚を焦るのではなく、しっかり相手の事を見つめる時間を持つことが
離婚を防ぐためにも必要でしょう。

 

また、嫁姑の問題もあります。
男性の場合は、妻になる女性と、自分の母親の相性をある程度
掴んでおくことも必要です。
全く合わない場合は、結婚前に十分考えた方が良いかも知れません。


★本気で恋愛したくなったらクリックしてみてね★
   ↓       ↓
恋愛を成功に導く為の◯◯のページ