失恋を思い出にする方法

失恋を思い出にする方法

 

失恋を思い出にする
(出来ればいい思い出に)為に
必要な事についてご紹介します。

 

 

失恋を思い出にする必要性

失恋を思い出に変える訳は、失恋の苦しみから抜け出す為です。
失恋は思い出に変えないと、いつまでも貴方の心を締め付けます。
それでは前向きに、生きることが出来ません。
なので、失恋は思い出に変えていく必要があります。

 

忘れる事はない

失恋を思い出にすると言うと、中には全てを忘れようと、頑張りすぎる人がいます。
しかしこれは間違いです。

 

失恋した今は辛いと思いますが、恋愛中はすごく楽しかったこともあったと思いますし、
何より別れたからと言っても、一度真剣に愛した女性の事を、思いが残っている状態で
忘れることなんか出来ません。

 

無理に忘れようとすればする程、逆に引きずりますので、
無理に忘れようとする必要はありません。

 

では、どうする

では、失恋を思い出にするには、どうすれば良いんだと言う声が
聞こえてきそうですが、とりあえずは、なにもしないことです。

 

失恋をすると急に涙がでたり、急に辛くてたまらなくなったりしますよね。
これは心と頭のギャップで起こります。
どうゆう事かと言うと、頭では恋愛が終った事をキチンと理解している訳です。
しかし心が、その事実を認めたくない訳です。

 

私たちの心は、失う事に対してとても臆病です。
そんなに大事だと思っていなくても、それがなくなった時や
誰かに取られたりすると、急に大切に思えて動揺します。

 

失恋もこのような状態です。
愛情の針が反対側に大きく振れます。
これが未練です。

 

新しい恋が特効薬だけど、

その証拠に、失恋してもその後に新しい恋愛が始まると、
別れた彼女の事を思っても、以前程辛く思わなくなります。

 

これが失恋の特効薬は、新しい恋と言われるゆえんです。
とは言っても深すぎる失恋だと、新しい恋なんていらないと
思ってしまうことも多いでしょう。

 

新しい恋に行けない時は

新しい恋に気持ちが行かない時は、どっぷりと失恋に浸かりましょう。
ひたすら失恋の辛さに浸かりましょう。
聞く音楽も、失恋ソングを聞きましょう。

 

そして徐々に、気持ちと頭がシンクロして来るのを待ちましょう。
無理に忘れる事はありません。
徐々に炎が弱火になるように、気持ちが落ち着きのを待ちましょう。
この時誰かに辛さを話したいと思えたら、失恋の辛さから
もう少しで解放されると言う合図
です。

 

失恋を思い出に変える

少し気持ちが落ち着いてきたら、心の声に従いましょう。
二人の思い出の品は、処分したいと思ったら処分すれば
良いですし、残したいと思ったら残せば良いです。
どちらでも良いと思う時は処分しましょう。

 

そして、友人に話を聞いてもらっても良いですし、話せる人がいないならば、
ネットの失恋掲示板等にでも書き込みましょう。

 

この時の一番の目的は、自分の心の辛さを吐露することです。
気持ちを吐き出すことで、失恋が徐々に思い出に変わり始めます。

 

最後はやっぱり新しい恋

そして、失恋を思い出に変えるための締めはやはり新しい恋です。
もし、貴方が少しでも良いなと感じる女性がいるなら、思い切って誘ってみましょう。
理由は、失恋の辛さを聞いて貰いたいと言う事で如何でしょうか。
この理由は、普段だと断られる人にも、付き合ってもらえる理由の一つです。
頑張って新しい恋愛をしましょう。

 


★本気で恋愛したくなったらクリックしてみてね★
   ↓       ↓
恋愛を成功に導く為の◯◯のページ